研究所

社会問題の解決や新たな人類価値の創造に貢献する
都市型オープンイノベーションクリエイティブハブ

超少子高齢化や産業構造の変化など、現代社会が直面している課題は、行政や企業だけの問題ではありません。この度、武蔵野美術大学が設立した「ソーシャルクリエイティブ研究所」は、思考カを中心とした総合的な力──「創造的思考力」を基盤に、企業、 地域、行政、教育の壁を越えて、領域横断的に現代社会に潜むさまざまな課題を解決の方向に導くビジョンとプロトタイプの研究・提案を推進し、国や社会をクリエイティブにデザインしていくことを目的としています。